FC2ブログ

朝釣れる 鮎毛バリの種類(基本)

2015.05.19.21:38

朝釣れる 鮎毛バリの種類(基本)
☆早朝、日の出、   →

「清水(しみず)」


             低水温、川底から湧き水が出ている所用    
清水玉なし


特長 黒羽詰め巻きに青か緑帯が2本


「くずし」にすると
いろんなバリエーションができる

先玉の金は、森バリの先代が、戦後に付けたと本に書いてあった。

推測すると

上記写真が、昭和20年以前の熊系毛バリの原型に近い可能性がある







 
☆朝 太陽が昇ったら交換する毛バリ基本系

→「赤熊」(あかくま)
写あ赤熊先玉無小し003



雨後か川底みえない所
          
         黒詰め巻きに赤帯2本 先金玉無しが釣れた
         
        きれいな水の河川は、先玉金がいらないのではないか?
 
               川ににもよるが

                 先金玉つけるのは、
   
                金沢犀川が汚れた時から始まった
      
                濁った川で釣れたから付けた

                水がきれいになったら

                つけなくてもいい

                

                 明治、大正の赤熊に先玉金ない

→「黒髪」、川底見えない所

              黒羽と黄緑羽の2重 ラセンすけあけ巻き

                胴底黒色

           →「青ライオン」(水中の鮎が見えるすき水)

                    (水面が波立つすき水)

                黒帯2本間は金帯

                  胴は、山鳥の尾羽詰め巻き色はおうど色

                  先巻き黄緑羽


 →「岡林4号」(水中の鮎が見えるすき水)

                説明 難しい^^;  



にほんブログ村
    
スポンサーサイト

comment

Secret

ランキング参加中

にほんブログ村
にほんブログ村
「ブックマーク 」
【 bookmark 】
「 お気に入り」
登録お願いいたします。

ブログランキング押しても無害(^^;です






読んだよ(^^)クリック バナーの人気ブログランキングを見る ご支援ありがとうごさいます。
この本にけばりや中山紹介されました(^^)
鮎毛バリ大図鑑 [ 澤渡要 ]

鮎毛バリ大図鑑 [ 澤渡要 ]
価格:4,860円(税込、送料込)

プロフィール
金澤のブログ

鮎毛バリ巻き師&テスター中山

Author:鮎毛バリ巻き師&テスター中山
加賀伝統工芸研究所
Kaga Classical
Art Laboratory
 ・毛バリ部門
 「けばりや中山」
障害者アート工房
加賀金沢 中山バリ
鮎毛バリ大図鑑で
工房別特選バリ
工房紹介された(^^) 

お問い合わせ
メールアドレス

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数 ありがとうございます
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR